マンション買取相場|マンション売却仲介と業者買取の比較!

マンション売ったブログ

マンション買取相場は仲介と比較すると安い

マンション買取相場は仲介と比較すると安い

マンション売却には「売却仲介」「業者買取」の2通りの方法があります。
所有するマンションの売る事になった場合、不動産業者に買取して貰うか、それとも仲介を依頼して購入者を探して売却するか決めなければいけません。

マンション買取の相場は、仲介で売却する場合と比較して安いです。

どちらの方法にも一長一短がありますので、売主の希望や状況によって、どちらが得でどちらが損なのかは異なります。

また、大手不動産会社などでは、マンションが仲介で売れなかった時のための「買取保証」といったサービスを行っている場合もあります。

ここでは、マンションの「売却仲介」「業者買取」のそれぞれの特徴について紹介しています。
よろしれば参考にして下さいね。

マンション買取と仲介の比較・買取相場

  売却仲介 業者買取
購入者 未定 業者
仲介手数料 必要 不要
売却額 高め 低め
売却期間 長め 即時

売却仲介と業者買取、それぞれの特徴について比較表にまとめてみました。
大きな違いとしては、「業者買取」はすぐに売れるけれど相場が低め、「売却仲介」は時間や手数料は掛かるものの金額は高めといった特徴があります。

マンション買取が仲介より安い理由

仲介の場合、不動産会社には殆どリスクはありません。
インターネット媒体に掲載すれば多少の広告費は掛かりますが、月額固定で掲載契約をしている業者も多いので、追加費用が発生しない場合もあります。

マンション買取の場合、売れなければ業者の損になってしまいます。
そのためリフォームなどを行って物件をバリューアップして売り出すのですが、それでもすぐに売れるとは限りません。

マンション買取費用やリフォーム費用も、自己資金ではなく銀行借入の場合が多いので、売れるまでの期間が長引くほど金利負担が増してしまいます。

不動産会社としては損しないように、少しでも早く、少しでも利幅を大きくといった計算が働くので、業者買取は相場より査定額が低めになってしまうのです。

マンションを買取できるのは大手不動産会社と買取業者

マンション買取に対応できる不動産業者は大手に限定され、地場の中小・零細の不動産業者は売却仲介にしか対応できないことが殆どです。

不動産を自社商品として仕入れるには、豊富な資金力が必要です。
そのためマンション買取は、大きな資本を有する大手不動産会社が多いです。

大手不動産会社ではありませんが、マンション買取業者というのも存在します。
中古マンションを安く買い取ってリフォーム、高値で再販する「買取再販業者」です。

マンションを売ることを決断する初期の段階で、「仲介」「買取」どちらの方法で物件を手放すのか決めておく必要があります。
どちらの方法も一長一短あり、売却仲介と業者買取のどちらが正解とは言えません。

マンション買取業者の評判・注意点は?

マンションを売るなら高価買取の当社に!といったチラシがマンション買取業者から投函されると思いますが、真に受けると期待を裏切られると思います。
ほとんどの場合、マンション買取業者の査定は金額が低いからです。

中古マンションにも「相場」がありますので、「業者買取」の際には、市場価格よりも低い金額で仕入れる必要があります。
実際には高価買取はできないのが本当のところなのです。

不動産会社の「高価買取」には、何の根拠もありません。
少しでも高く売りたいなら、「マンション買取」ではなく「マンション売却」で売ることをおすすめします。

ただし例外もあります。
築40年以上の中古マンションは普通の売却ではなかなか売れないため、買取業者に売却するしかない場合もあると思います。

マンション買取業者は悪徳業者?

マンション買取業者は築古物件を安く買い取ってフルリフォーム、高く売り出す商売です。
中には買取金額の2倍程度で売り出される場合も少なくありません。

マンション買取業者はぼろ儲けして悪徳だ!と言う人もいますが、そうとも言い切れないと思います。
自分でリフォームしてみれば分かるのですが、コストを抑えつつ高く売れる物件に仕上げるのは簡単ではありません。

3LDKの中古マンションをリノベーションしたら1000万円程度が相場です。
リノベーション同等の見た目にリフォームしつつ、400~500万円に費用を抑えて差額分で稼いでいるわけですから、これもまたプロの仕事なのでしょう。

実際、自分でフルリフォームするのではなく、マンション買取業者がリフォームした物件を購入する買主はとても多いのです。
それだけ、魅力を感じる部屋に仕上げているということですね。

マンション買取保証と買取相場

マンション買取保証と買取相場

三井不動産や東京リバブルといった大手不動産会社では、買取保証を付けた売却仲介も行っています。
例えば、一戸建てへの買い替えでマンションを売却する場合、万が一売れなかったら一戸建ての決済ができなくなってしまいますよね?

こういった場合、マンション買取保証が付いていると安心です。
とは言えメリットばかりではなく、買取保証であっても、売却仲介で売れた場合よりも安い金額になることは変わりありません。

業界最大手の三井不動産の場合、マンションの買取保証額の相場は、査定金額の90%が最大です。
地域にも制限があり、首都圏・関西圏・中部圏の営業エリア内であることが条件です。

更に心配なのが買取保証を付ける場合、マンション査定額を低く見積もられる不安があります。
保証を検討しているなら、査定額を先に確認してから保証の交渉をした方が良いでしょう。

マンション買取を選んだ方がいいケース

マンション買取を選んだ方がいいケース

以下のような場合、売却仲介よりも業者買取の方がお得だと言えます。

  • 少しでも早く現金が欲しい
  • 内覧されるのが嫌
  • 売却に出しているのを知られたくない
  • 瑕疵担保責任は嫌
  • 面倒なのは嫌

反対に、売れる期間は延びても構わないので、少しでも高く売りたい人は、マンション売却仲介を選択する方が良いでしょう。

業者買取は不動産会社のバリューアップの力量による所も大きいので、なるべく多くの業者から見積もりを取ってみて下さい。
マンション一括査定なら、一度の入力で複数業者に依頼ができるので便利だと思います。

マンション売却のコツ・中古マンションを高く売る方法6選!
マンション売却のコツ、中古マンションを相場より高く売る方法を紹介しています。マンション売却の教科書では、査定・内覧のコツ、マンションが売れやすい時期・タイミング、マンションを売るときの注意点、不動産会社に支払う仲介手数料、税金、諸費用など、マンション売却について詳しく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました